成人矯正のメリットデメリットを紹介しています

成人矯正

成人矯正について

成人矯正とは、大人になってから始める矯正治療の事です。矯正治療というと子供が行うものというイメージが強かったのですが、現在では矯正治療も多様化し、ニーズにあう矯正治療を選択できるようになってきました。治療装置が気になる方に対しても、目立たない色の矯正装置や歯の裏側に装着するタイプの装置などが登場し、目立たない・気づかれにくい矯正治療が可能となりました。

矯正担当医蔵満

はじめまして。歯列矯正を担当しております蔵満と申します。皆様のお口の中を清潔に保ちやすくするために、矯正治療は大変重要です。見た目も機能性も問題ない、歯並び・噛み合わせを目指します。

成人矯正のメリット

■見た目の改善

成人になられてから矯正治療を始められる患者様の多くは程度の差こそあれ見た目での改善を希望されています。実際に治療が進み、歯並びが整ってくると明らかに表情に変化が現れる患者様がたくさんいらっしゃいます。

■自己管理がしっかりとできるので
治療がしっかりと行える

小児矯正と違いご自身の意思により矯正治療を始める方がほとんどなので、矯正治療中の虫歯や歯周病に対してのケアをしっかりと行う事ができます。

■治療計画が立てやすい

成人矯正の場合、歯並びや顎がこれ以上成長することが無いので成長の事を視野に入れなくても良いため、治療計画が立てやすいと言えます。

成人矯正のデメリット

■抜歯が必要となる場合がある

成人矯正では歯を並べるためのスペースを確保する際に、子供の矯正のように顎骨の成長を利用することができません。歯を並べるためのスペースが不足している場合は、抜歯によってスペースを確保しなければならないことがあります。

■費用が高額

歯列矯正は保険が適用されません。また、成人矯正はマルチブラケットと呼ばれる装置を使用するため費用が高額になります。