オールオンフォーについて

オールオンフォー

All-on-4(オールオンフォー)

  • ・できるだけ早く「噛める歯」を手に入れたい…
  • ・総入れ歯が合わず、硬いものが痛くて食べられない…

こんな方におすすめするのが、片顎につき4本のインプラントですべての歯を支える最新の治療法「オールオン4」です。簡単に説明すると4本のインプラント(歯の根っこの代わりに埋め込むもの)を支えにして義歯を装着する治療法で、手術後すぐに仮歯が入るのですぐにお食事いただくことができます。

オールオンフォーとは

All-on-4(オールオンフォー)とは、簡単にいえば4本のインプラントを上顎、下顎もしくは上下両顎に埋め込むだけで口の中の歯全体を固定式の義歯にすることができるというインプラント治療法です。
※患者様の口腔内の状況によりインプラントの本数が6本になる場合もございます。

人工歯根をあご骨に埋め込むインプラント治療。この最大の特徴は逆に大きな問題点ももたらしていました。総入れ歯など欠けた歯が多いケースでは多数のインプラントを埋め込む必要があり、多い場合では10~14本にも及びます。そのため費用や治療期間等、患者様の負担が非常に大きくなっていました。また、顎の骨の量が足りない場合、骨移植によって補った上でインプラントを埋め込まなければならない点も大きな問題点でした。

しかしAll-on-4(オールオンフォー)の場合、骨量が多い地点に埋め込むため骨量が少ない人でも骨移植等をすることなく行うことができるようになっています。

その結果、手術の回数や負担が減るほか費用も大幅に節約できるなどさまざまなメリットがもたらされます。
※骨量が少なくてオールオン4ができない場合もあります。

All-on-4(オールオンフォー)の場合、手術を日帰りで行うことができるため、当日まで総入れ歯を使用し手術後は新たな人工歯で食事をすることも可能です。
※つけたその日に仮歯が入りますが、あくまで仮歯なので強く噛むことはできません。

このように、All-on-4(オールオンフォー)は従来のインプラント治療につきまとっていた問題点や負担の大きさを解消してくれる非常に優れた技術です。今後日本でも普及していくことが予想されます。欠けた歯が多い方や総入れ歯でお悩みの方などには特におすすめをしています。

ノーベルガイド

ノーベルガイドとは、CT撮影で立体的に撮影をして得られたデータをもとにプランニングソフトにてインプラントの適切な埋入計画を立て、それをオペ時に使用できる外科用マウスピース(サージカルステント)に反映させたものです。

ノーベルガイドというシステムを使用することによりインプラントを埋入する位置、角度、深さを正確に測ることで体への負担を少なくインプラントを埋入することができます。正確な位置にインプラントを埋入できることはもちろん、出血や腫れ、痛みがほとんどなくなりオペ後の縫合も必要ありません。