歯が欠けてしまった時は

歯が欠けたら

歯が欠けたら

スポーツなどで転んだり、何かにぶつかった衝撃で歯が欠けてしまうような事故をおこしてしまうことがあります。そのような思わぬ事になってしまった際には、まずはすぐに歯科医院へ行きましょう。

欠けた歯の治療

少しだけ欠けた場合には、欠けた部分を少しだけ削り歯の形を整えていきます。欠けた部分が大きい場合には、レジン(プラスチック)などで欠けた部分を詰めていきます。ただし乳児の治療になると乳歯はあまり削れずレジンも外れやすいためよほど欠けている部分が大きくない限り、それ以上欠けないように経過観察をおこないます。

歯をぶつけて異常がなくても
安心してはいけません

歯には歯髄腔という歯の神経が通っている組織があるため、歯を強打した際見た目に異常がなくても神経が死んでしまっていることがあります。

歯髄腔歯髄腔

ぶつけてすぐには分かりませんが、だんだんと時間の経過と共に歯の色が変わってきます。乳歯の頃に神経が死んでしまっていれば、永久歯の生え変わり時に根の吸収が出来ず永久歯が乳歯の位置を避け変な位置に生えてくる可能性があるので十分に注意しましょう。乳歯が永久歯に生え変わる際は、個人差はありますが基本的には左右対象に生えてきます。ぶつかっていない方の歯がグラグラしてきたら歯科医院でレントゲンなどを撮り調べるといいでしょう。

また、食事をしている時や歯磨きをしている時などに歯が欠けてしまった場合にはかなりの確率で虫歯が原因として考えられます。気づかない間に虫歯が進行している歯が欠けたりする可能性があります。さらに、歯ぎしりや噛み合わせが悪いと思わぬところで歯にダメージを与え歯が欠けてしまうことがあります。