小児歯科の知識を紹介しています

小児歯科について

小児歯科について

小児歯科とは、お子様の歯の虫歯予防・虫歯治療・歯並び治療などをおこない、健康かつ清潔な大人の歯に生え変わるようお手伝いをする診療科です。一見一般歯科と変わりがないのでは?と思われる方もおられるかと思います。確かに一般歯科でおこなっている診療項目とはあまり違いがありません。ただしお子様の歯というのは乳歯列から永久歯列へ生え変わるとっても大切な時期でもあります。乳歯の虫歯などは、永久歯にかなりの悪影響を及ぼしますので十分なケアが必要になります。

■乳歯が虫歯になっても、永久歯が生えてくるから大丈夫!それは大きな間違いです!

乳歯の虫歯は、永久歯の歯並びにも影響します。乳歯には、永久歯が生えてくるスペースを確保するという大切な役割があります。乳歯をひどい虫歯にしてしまったり、失ってしまうと隣り合う歯が移動し、永久歯が生えるスペースが確保出来ず歯並びがデコボコになってしまったり、永久歯が生えてこないこともあります。

また、乳歯は酸に弱くエナメル質がとても薄く柔らかいため、ちょっとした事で歯が欠けたり、虫歯になりやすい傾向があります。なお、子供の歯は1本1本が小さいため、虫歯が神経まで達するのも早いです。乳歯期のお子様の歯は永久歯が生えるスペースとして歯と歯の間に隙間があるため食べ物などが挟まりやすく、注意して歯磨きなどをしていただかないと食べカスなどの磨き残しが虫歯の原因となります。

虫歯になってしまったらそれ以上進行しないように必ず受診してください。もちろん、虫歯になる前に定期的にご来院いただき虫歯予防をおこなっていただくことが最善です。定期健診では、虫歯の早期発見・早期治療・予防が期待できるフッ素塗布などをおこないます。

■正しい位置に永久歯が生え変わるように

乳歯列のうちから隙間なく並んだ歯は、少々危険です。乳歯列のうちは、いわゆる「すきっ歯」の状態が自然ですので、すきっ歯だからといって心配する必要はありません。この隙間が永久歯が生え変わるために重要なスペースとなります。前述の通り、乳歯の虫歯が永久歯列に影響することもあるので、親御さんがしっかりとお子さんの口腔ケアを意識していくことが大切です。

お子様のお口元を清潔に保つことが
生涯健康な口腔内へと繋がります

小児歯科メニュー