歯歯周病治療の流れを分かりやすく掲載しています

歯周病治療について

歯周病治療について

歯周病は、進行状況や患者様の口腔内の状態によって治療法が異なります。当院では、患者様ひとりひとりに合った最善の治療方法を提案させていただきます。

一般的な歯周病治療

軽度の歯周病

歯磨き指導や全体的な歯石除去で経過観察。

中度の歯周病

歯磨き指導や歯の全体的な歯石除去や、SRPで経過観察。

重度の歯周病

歯周外科手術()が必要となります。

※ 歯周外科手術(フラップ手術)

麻酔後歯肉をメスで切り奥深くの歯石や感染歯質をスケーラーで完全に除去し、骨が溶けデコボコした部分を平らにし歯垢が付きにくくします。最後に歯肉を元通りに糸で縫い付けます。また、歯周病の進行により歯を失ってしまった場合にはインプラントやブリッジ、差し歯などで失った部分を補います。

歯周病治療の流れ

歯ぐきの検査 軽度の歯周病 中等度の歯周病 歯周外科症例 歯みがき、全体的な歯石除去、その他(抜歯、虫歯治療、咬み合わせの調整など) 歯ぐきの下の歯石除去 歯周外科 メンテナンス歯ぐきの検査 軽度の歯周病 中等度の歯周病 歯周外科症例 歯みがき、全体的な歯石除去、その他(抜歯、虫歯治療、咬み合わせの調整など) 歯ぐきの下の歯石除去 歯周外科 メンテナンス

(それぞれのステップで歯ぐきの検査を行いますが、図では省略します)