予防について

予防について

虫歯や歯周病にならないために、歯医者さんで予防しよう

皆さんは、どのような時に歯医者さんへ行こうと思いますか?多くの方が歯が痛くなった時や、歯や歯茎に異常を感じた時ではないでしょうか?実は初期段階での虫歯や歯周病はほとんど痛みや違和感がありません。

痛みや違和感が出てくる頃には、かなり進行しており徐々に末期の状態へと近づいているのです。痛みを感じて歯医者さんに出向く時にはすでに手遅れになり、歯を失ってしまうケースなども少なくはありません。また、歯を喪失する最大の原因がこの虫歯と歯周病になります。

1つでも歯を欠損してしまうと、30~40%も咀嚼力(噛み砕く力)が低下してしまいます。また、噛むという事は食事をする事だけでなく、体のあらゆる所と関係しており体全体のバランスを保っております。

予防することの重要性

手遅れになる前に虫歯や歯周病の早期発見や早期治療、虫歯や歯周病にならない為の口腔内のクリーニングや歯石取り、歯磨き指導などを患者様に積極的に行っていただいております。歯医者は痛くなってから行く所ではなく、痛くなる前に行く所という意識を一人一人に持って頂くことが生涯健康な口腔内を作ります。

予防メニュー