知って得する歯周病の実態をお届けします

歯周病の実態

とても恐ろしい歯周病の実態

皆さんご存知ですか?現在日本人の30代までで約半数、30代以降で約80%の方が歯周病にかかっている恐れがあるのです。

そもそも歯周病とは具体的にどんな病気なのでしょうか。

歯周病とは歯の表面に付着する歯垢の中にある歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に歯の周りの組織を破壊していくとても恐ろしい細菌感染症です。歯周病が進行していくと歯を支えている骨が溶けだし最終的には歯が抜け落ちます。なお、歯周病は自覚症状が全くないためご自分で判断することはなかなかできません。

歯周病の進行状態

  • 歯周病の始まり
  • 歯周病
  • 中等度
    歯周病
  • 重度
    歯周病

上記の画像のように歯周病は徐々に歯茎を蝕んでいきます。

  • 1歯周病の始まり
  • 2歯周炎の段階ではほぼ自覚症状がありません。
  • 3中等度歯周病
  • 4重度歯周病の時期になれば、抜歯や外科処置が必要になることがあります。

また、重度歯周病の時期になれば見た目にもかなりの影響がでます。

あなたの歯は大丈夫?
簡単歯周病チェック

このような症状に覚えがある人は今すぐ歯科医院へ

  • 歯茎が腫れている歯磨きなどで歯茎から血が出る
  • 口臭がする歯がグラグラする
  • 歯茎が変色している(紫色など)口の中がネバネバする
  • 歯茎から膿(うみ)が出る硬いものを噛むと痛い

上記のような症状に覚えがある方はすでに歯周病にかかっている疑いがあります。自覚症状がでてきてからではほぼ手遅れ状態になってしまいます。ご自分の歯についてご不安な事や、疑問がありましたら一度当院にお問い合わせください。

歯周病を早期で発見するにはやはり予防歯科での定期的なメンテナンスが重要になります。自覚症状がでない分、定期検診にてメンテナンスをおこなうことが歯周病にならない為の一番の近道です。

生活習慣との関係

歯周病と生活習慣には深い関わりがあります。例えば喫煙・食生活・睡眠・運動不足・ストレスなどが挙げられます。お口の中を清潔にしていても上記が原因で歯周病に罹患しやすくなりますので、日頃の生活習慣の改善を考えることも大切なことになります。