医療費控除について

医療費控除について

医療費控除について

医療費控除とは、一年間に支払った医療費の総額が10万円以上だった場合に適用され、医療費が税金の還付・軽減の対象となる制度です。本人の医療費・家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。共働きの夫婦で妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。医療費の領収書などを確定申告書に添付するので、領収書は大切に保管して置いてください。またインプラント治療や義歯治療も医療費控除の対象になります。費用負担の軽減になりますので当院までお気軽にご相談下さい。

詳しくは国税局のホームページをご覧ください。http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

医療費の合計額※1保険金などで補てんされる金額10万円(もしくは総所得金額の5%のいずれか少ない方※1)医療費控除となる金額※2 医療費の合計額※1保険金などで補てんされる金額10万円(もしくは総所得金額の5%のいずれか少ない方※1)医療費控除となる金額※2
  • ※1)その年の所得金額の合計が200万円以下の方はその5%
  • ※2)その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費